駆逐戦車


駆逐戦車

国籍 名称 Tier HP 車体装甲 砲塔装甲 速度 出力 備考
アメリカ T18 ll 190 51.32.25   48 245  
T82 lll 240 13.7.13   48 245  
T40 lV 440 51.38.38   38 400  
Wolverine V 520→560 51.19.25 57.25.25 48 350 砲塔回転可能
Jackson Vl 700→750 114.25.25 76.25.25 42 350 砲塔回転可能
T25 AT Vll 890 88.76.38   56 560  
T28 Vlll 1150 254.50.50   18 440  
T95 lX 1600 305.152.51   13 440  
T110E3 X 1900 305.76.38   24 875  
ドイツ Pz.Jäg l  ll  180 13.13.13   40 85  
Marder ll  lll  250 30.15.15   40 130  
Hetzer lV  440 60.20.8   42 100 通称へったん。blitz民からの人気が高い(?)
StuG lll V 520 80.30.30   40 320  
Jg.Pz. lV Vl 740 80.40.20   38 320  
JPanther Vll 920 80.50.40   46 500  
Feldinand  Vlll 1200 200.80.80   30 600  
Jagdtiger lX 1650 250.80.80   28 650  
Jg.Pz. E 100 X 2000 200.120.150   30 1200  
ソ連 AT-1 ll 190 16.15.10   30 90 四角い
SU-76 lll 240 25.15.15   48 80  
SU-85B lV 430 25.15.15   43 140  
SU-85 V 530 45.45.40   55 480  
SU-100 Vl 760 75.45.45   50 500  
SU-152 Vll 920 75.60.60   43 500  
ISU-152 Vlll 1010 90.90.60   43 600  
Obj. 704 lX 1500 120.90.60   37 650  
Obj. 268 X 1800 187.100.50   48 800  

特徴・運用


装甲☆〜☆☆
火力☆☆☆
機動☆

装甲 国やTierによって変わるが、まるで意味をなさない物や、極端に分厚いものまである。自分の扱う車両によって大きく異なる場合があるので、車両に合わせた位置取りを心掛けよう。また、前面装甲があるものでも、側面の装甲は薄い場合が多い。なるべく側面は見せず、物陰に隠れるなどの工夫を行えば生存率はそれなりに上がる。また、隠蔽率の高い車両では草陰に隠れるなどして被発見率を下げることも可能。

火力 同Tire帯と比較すると、威力、貫通力が高い砲が搭載できる。重戦車の正面装甲も打ち抜くことができる砲を搭載可能な戦車もおり、非常に高い火力を有する。

機動 装甲と同じく、車両により機動性は大きく異なるが、機動性は高くないものが多い。重装甲の車両では移動に時間がかかるため早めの移動を行うようにしよう。軽装甲の車両では前線の移動に支障が出ることはまずない。ただし、前線に出すぎると攻撃を受けやすく、集中砲火を浴びやすいので注意しよう。

総評 前述の通り、車両によってその性能は大きく異なる。防御力、旋回能力、隠蔽率などについては重要な項目なので搭乗する車両の特性を知り、その車両にあった位置取りを取るようにしよう。基本的な戦い方は、前線から一歩引いたところから、強力な火砲で味方の援護をすることになる。うまく位置取りができれば、味方の索敵した相手を一方的に狙撃して撃破することも可能。逆に、発見され敵車両に肉薄されると対応力の低さから今度は一方的に攻撃を受けることになるので気を付けよう。なお、アメリカのみ回転砲塔を搭載している。

各国の特徴


ソ連
大口径砲による圧倒的な火力が特徴だが精度は低めである。装甲は低めのだが傾斜がつけてあるため多少は補われている。
搭載砲の強化による正統進化が多く極端に特性が変化することはない。隠蔽率は高tierになっても高めなので先手をとりやすい。

ドイツ
砲の火力は劣るものの精度が優れている。貫通も一部を除き高めである。装甲は比較的厚めな装甲を有している。
HPは他国に比べれば高いが通常の戦車と比べると差は小さい。tier6までは隠蔽率に優れるものの以降は車体の大型化により、極端な機動性の低下、隠蔽率の低下が起こる。

アメリカ
車両ごとに大きく特性が異なる。視界範囲が広いということ以外、軽中戦車並みの機動性を持つもの、最高クラスの装甲と最低レベルの機動性を持つもの、旋回砲塔を持つもの、などバラエティに富んでいる。砲は中tierまでは発射速度に優れるが貫通力と火力に乏しい砲が多く、高火力、高貫通の砲は高tierからとなる。

《各国の防衛戦略》

『日本

  • 最終更新:2014-09-26 18:46:28

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード